例会報告

1月例会「古からの教え『論語』~忠・恕・仁から学ぶいつの時代も変わらぬ大切なこと~」を開催しました

平成29年1月10日(火)、下関グランドホテルにて、1月例会「古からの教え『論語』~忠・恕・仁から学ぶいつの時代も変わらぬ大切なこと~」を開催しました。


真儒協会会長などを務める髙根秀人年先生を講師にお迎えし、論語について、大変奥深い講義をしていただきました。

講師_.jpg

   (高根秀人年先生による講演)

 

価値観が多様化し、社会も複雑となった現代において、リーダーたる者は古典=東洋源流思想を学び、いかなる厳しい局面に対する時にも涸れることのない精神的源泉を深めるべきであるとの指摘など、示唆に富む講義内容でした。
論語の奥深さを学ぶことができ、また、青年実業家として今後あるべき方向・指針についても深く考える契機ともなり、大変有意義な時間となりました。

 

また、例会後の懇親会では、普段は見られない会員渾身の一発芸の後、出席会員全員が自らの夢を記した紙飛行機を一斉に飛ばし、本年も夢に向かって飛び行くことを誓いました。

かくし芸一場面1.JPGかくし芸一場面2.JPGかくし芸一場面3.JPG

               (かくし芸を披露する会員たち)

 

紙飛行機.JPG

 (「夢」を書いた紙飛行機を飛ばす様子)

28年度例会報告   2017/01/20   広報委員会