例会報告

10月例会 「いざという時のBLS講習」

平成28年10月11日(火)、下関商工会館にて10月例会「いざという時のBLS講習」を開催しました。

 

BLSとは、Basic Life Support(一次救命処置)の略で、一次救命処置とは 、急に倒れたり、窒息を起こした人に対して、その場に居合わせた人が救急隊や医師に引き継ぐまでの間に行う応急手当のことです。

 

日本ライフセービング協会九州支部長などを務める尾田智史氏を講師にお迎えし、BLSに関する一般論の講義にとどまらず、胸骨圧迫、人工呼吸及びAEDの使用を実演していただき、下関商工会議所青年部会員も実際に人形を使って練習しました。

司会.JPG趣旨説明.JPG

       (司会の越野会員)        (例会内容を説明する中尾委員長)

 

講師講義.JPG

    (尾田智史氏による講演)

 

講師実演1.jpg講師実演2.JPG

                 (講師による実演風景)

 

会員練習1.JPG会員練習2.JPG

                 (会員による練習風景)

 

いざという時にBLSの知識や経験があるか否かで人命が左右されることを改めて実感することができ、大変有意義な時間となりました。

 

また、当日は後期新入会員5名の紹介が行われ、田中会長より会員バッジが手渡されました。

後期新入会員紹介.JPGバッジ付与.JPG

     (後期入会の会員5名)         (田中会長による会員バッジ授与)

28年度例会報告   2016/10/12   広報委員会