平成29年度 会長所信

平成29年度 会長所信

平成29年度 スローガン

 

 絆心(きずな)

 

平成29年度 会長所信

h29_kaityou_ph.jpg 下関商工会議所青年部(下関YEG)は、今年度で37年目を迎えます。その歴史の中、様々な活動を通し地域に貢献できたのも、諸先輩方をはじめ関係諸団体の皆様のご指導・ご支援の賜ものだと心より感謝申し上げます。
今、我々が置かれている経済状況を考えると、政策により緩やかな回復傾向が続いておりデフレからの脱却も成し遂げようとしておりますが、中小企業においてはまだ回復が感じられず、地方では少子高齢化・人口減少・人手不足と課題を抱えております。近隣諸国は自国の利益優先的な考えを持ち、ナショナリズムの影を感じるのは私だけでしょうか。また、予期せぬ自然災害の恐怖、日本は災害集中期といわれており、今なお被災地では苦しい生活を強いられています。
 このような時代に我々青年経済人に求められることは、時代を観察し本質を見抜く洞察力、物事を新しい感覚で考える発想力、異なる環境や立場に存するも譲り合い、助け合い同じ目標に向かう協調性だと考えます。時代の変化を受け止め事業活動の充実を図り、会員同士互いに高め合いながら活動して参ります。
 また、被災地の将来を見据えた創造的復興を願うとともに、継続的な支援を行いたいと考えます。地域経済発展の支えとなるべく、これまでの青年部活動で培うことができた判断力・行動力を生かし事業の発展、ふるさと下関の活性化に力を発揮し、下関商工会議所青年部(下関YEG)にかかわる皆様に良い兆しを感じてもらえるよう努力いたします。また、会員の願い・希望を形に変えるため尽くして参ります。青年部活動を通し達成感や感動を共感することで生まれる会員同士の絆心(きずな)を活力に変え、研鑽を積む機会を大事にしながら信頼できる仲間と、「夢」を語り、「夢」を描き、「夢」への実現に向け挑み続けたいと思います。下関商工会議所青年部(下関YEG)の誇り・信念を持ち活動して参ります。
 

平成29年度 下関商工会議所青年部

第38代会長 重松 直伸
 

Created Date
2017/04/15 21:31
Last Updated Date
2018/04/15 18:33