平成25年度 委員会活動方針・事業計画

平成25年度 委員会活動方針及び事業計画

◆総務委員会

委員長: 松永 英治 

【活動方針】
下関商工会議所青年部の内務運営を正確かつ迅速に行い、組織全体が円滑に活動できるようにする。
また、会全体としての事務業務の効率化や、会員の諸活動を支援できる仕掛けを検討・提案する 


【事業計画】
?定時総会、臨時総会の開催
?会員手帳の作成
?理事会議事録の作成及び周知
?専務理事業務の補佐(理事会運営の補助)
?業務内容マニュアル化へのデータ整理/管理
?エンジェルタッチの利用促進 

 

◆広報委員会

委員長: 斎藤 英樹 

【活動方針】
下関商工会議所青年部の活動を、正確・迅速に記録・管理する。
また、絆で結ばれた魅力ある青年部の活動状況をあらゆる情報伝達手段(HPやS.N.S等)を用いて、下関商工会議所青年部内外に継続的に広報活動を行う。 


【事業計画】
?「硯海」発行(年2回/4月・10月)
?「会議所だより」への執筆・投稿(毎月)
?下関商工会議所青年部月報発行(毎月)
?ホームページの更新・管理(随時)
?下関YEGカンパニーの更新・管理(随時)
?Face book の更新・管理(随時)
?新入会員募集の企画立案
?活動の記録、管理 

 

◆会員交流委員会

委員長: 本保 圭一郎 

【活動方針】
平成25年度のスローガン「絆を力に」のもと、会員同士のコミュニケーションを図る。各委員会事業を支援し、円滑な例会運営を行い、組織の強化に努める。
 


【事業計画】
?定時総会及び臨時総会後の懇親会開催
?例会の運営及び進行
?青年部現役会員と家族を含めたイベント開催
?OB会・女性会との交流事業の開催
?社会福祉事業の実施
 

 

◆会員開発委員会

委員長: 田中 粛己 

【活動方針】
下関商工会議所青年部の一員であることを自覚し、各事業に積極的に参加することで、青年部活動の楽しさやメンバー間の「絆の力」を感じることのできる人材を育成する。
また、下関商工会議所青年部の歴史や伝統を学ぶためにも、会員並びにOB会・女性会と率先して交流し、親睦を図る。 


【事業計画】
?青年部事業への積極的参加
?青年部の基本知識伝承
?理事会見学(8月、1月)
?会員・OB会・女性会との交流促進
 

 

◆広域連携委員会

委員長: 大下 剛 

【活動方針】
下関商工会議所青年部に関係する青年団体、県内商工会議所青年部と積極的な交流を図る。
今後の活動に生かす為に、関係諸団体と連携し絆を深める。
 


【事業計画】
?関係諸団体との交流・連携・協力。
?青年団体事業への積極的参加。
?ツール・ド・しものせき2013 実行委員会への参画。
 

 

◆国際委員会

委員長: 武田 大作 

【活動方針】
国際交流事業や関係諸団体との交流を通して人脈を作り、国際人としての教養を高める。
また、緊張感高まる国際情勢について知識を深め、現在日本の置かれている立場を再認識する。
 


【事業計画】
?済州商工会議所青年部会との交流。(来関)
?安全保障等、日本の現状に関する知識向上。
?関係諸団体との交流促進。 

 

◆経営委員会

委員長: 梅田 泰志 

【活動方針】
『商売とは何か?』をテーマに、会員に有益な情報の発信と個々の成果をあげるための講演会及び勉強会を開催する。
また、ルーティンワーク化した『仕事』から、志を持ち行動をする『志事』への脱却を図るための助力をする。
 


【事業計画】
?経営に関する講演会・勉強会の開催。
?会員企業へ有益な情報を発信する。
?商工会議所の情報を会員に発信する。 

 

◆地域活性化委員会

委員長: 青松 永哲 

【活動方針】
しものせき海峡まつりの企画・運営を主軸に下関の活性化の促進を図る。また、他団体との更なる交流を行うと共に地域活性化事業の調査・研究に努める。
 


【事業計画】
?しものせき海峡まつりの企画・運営
?まつり関係諸団体との連携・交流
?他団体の地域活性化事業の参加・研究  

Created Date
2013/04/20 15:00
Last Updated Date
2018/04/15 18:31